おもしろ話の紹介ページです。

モルトウィスキーbank -TOP- > おもしろ話 > 日本人はなぜ酒に弱い?

日本人はなぜ酒に弱い?とウィスキーの関係

体内に入ったアルコールの大部分は主にアルコール脱水素酵素(ADH)によって、まずアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドはさらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって分解され酢酸となった後、最終的には炭酸ガスと水に分解され処理されます。
 
このアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)には2種類があり、アセトアルデヒドが高濃度になると働くものと低濃度でも働くものがあります。前者をALDH1、後者をALDH2といいます。さらにALDH2にも2種類あって、活性の高いALDH2*1と活性の低いALDH2*2があります。西洋人は全ての人がALDH2*1を持っていますが、日本人の約半数はALDH2*1が欠けているか、働きが弱いそうです。これが日本人が酒に弱いといわれる所以です。