おもしろ話の紹介ページです。

18ホールとウィスキーの関係

スコットランドと切っても切れないスポーツがゴルフである。ゴルフはご存じの通り、18ホールで勝負するスポーツ。なんでこんな半端なホール数なのであろう。ここでスコッチウィスキーが登場する。ゴルフは他人がプレイしている間はじっと待っていなければならないスポーツだ。スコットランドは風が冷たく肌寒い国で、待っている間に体を熱くさせてくれるものが必要だった。そこでゴルファー達はウィスキーを飲んだ。1ホールごとに1オンス半(約42.5ml)のウィスキーをグッと飲む。すると18ホールを終了したところでちょうどボトル1本が空になる。これが18ホールになった理由だとか。しかし、ゴルフを18ホールやりながらボトル1本を開けてしまうというのはなんとも強い方々である。